ももクロに騒音苦情が!富士見市で行われたコンサートでいったいなぜ?

Sponsored Link

2018年8月28日ニュース, トレンド

2017年4月の8日と9日に、富士見市 第2運動公園にて
「ももいろクローバーZ」のコンサートが開催されました。

その時に、20km離れた東京都の西東京市や東久留米市からも
騒音の苦情があったことが話題になっています。

なぜ、20kmも離れている所までコンサートの声が響いてしまったのか?

その原因は、天候とコンサートの向きが関係していたそうです。

Sponsored Link
Sponsored Link

富士見市でももクロのコンサートが開催されました

ももいろクローバーZ
出展:Yahoo!JAPANニュース

ももクロのコンサートはメンバーの有安杏果さんが富士見市の出身であり、
市のPR大使をしているため実現したものです。

そして、第2運動公園にてコンサートが行われることが決定し、
9日までに4万人もの人を動員していたことも明らかになっています。

ところが、コンサートを開く会場が悪かったのか、2日間に渡って苦情が殺到してしまいました。

なぜ、長距離にわたってももクロの声が聞こえてしまったのか?

コンサートの当日、富士見市によると、午前中に雨が降ってきて全体的に雲がかかった状態だった
コンサート会場は南を向いており、北風がふいていたといった状態だったそうです。

この偶然がかさなってしまい、声が北風にのって運ばれたあとに雲によって反射してしまったことが
遠くまで聞こえてしまったのではないかと予想がたっています。

さらに、周囲が畑であったため、遮るものがなかったのも原因だったのではないでしょうか?

1日目から苦情があったため、2日目は音量を下げてコンサートを行ったらしいのですが
それでも苦情が来てしまったことから、2日間にわたって騒音が続いてしまったというわけですね。

まとめ

こんなことってあるんですね・・・。

相当な距離に住んでいる方からも苦情の電話があったみたいなので、
よっぽど声が大きかったのでしょう。

コンサートが行われることを知っている市内の方はまだ良いのですが、
東京都に住んでいる方にとっては迷惑なことでしたね。

Sponsored Link
Sponsored Link

Posted by blackcat_ibc


PAGE TOP